■海釣り

沖の一文字で手軽にフカセ釣り 食い渋るチヌを狙え!(四季の釣り/2018年1月19日放送)


  

兵庫県の武庫川一文字でチヌを狙う。フィッシングアドバイザーはマルキユーインストラクターの嶋田隆三。
フカセ釣りと言えば磯のイメージがあるが、波止からでも手軽に狙える。ピンポイントで専用のマキエを底に溜めて、チヌを寄せる。水深は約11m。時折りサシエサはかじられるが、アタリらしいアタリも無い。朝から竿を出して長時間変化が無いまま、いつの間にか夕方となり、最後のチャンス。はたして食い渋るチヌを仕留められるのか!?
番組ではタックル、釣り方のポイントなどを詳しく解説する。

関連記事

  1. 2017 9 25 【磯釣り】城ケ島!メジナはまだ早い⁉…

  2. ワラサ釣りに来たら‼なんと・・・

  3. 島原半島シーバス修行 後編 釣りと旅と人Vol.01

  4. チヌ釣りのはずが‼目の前にいたのは・・・

  5. チヌ アタリからあわせのタイミング 2017/8/9

  6. 2018年4月 知多のクロダイフカセ釣り

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP